大きく健康的に育てよう!中〜大型熱帯魚用フードカタログ

2012年07月04日

メダカの飼い方 卵

春から秋にかけて水温が上がり日照時間が長くなると、メダカは産卵をします。 
卵を産み付けるための水草を水槽に入れると、そこにメダカは卵を産み付けます。 

メダカは産んだ卵を最初はおしりにつけていて、数時間かけて水草に卵を付けます。 
産み付けた卵を水槽内にそのままにして置くと、他の親メダカに食べられてしまい
ますので、早めに水草ごと別の容器に移しましょう。 

卵がかえり、メダカの赤ちゃん(稚魚)が誕生するのは、水の温度にもよりますが、
だいたい7日〜15日後くらいです。 メダカの赤ちゃんのお腹には栄養分がつまっ
ているので、餌は1週間くらいは与えなくても大丈夫です。

◆メダカのたまご付きホテイ草(青メダカ)(1株)

◆メダカのたまご付きホテイ草(青メダカ)(1株)


(2012/7/4)
posted by トシ at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカの飼い方 卵