大きく健康的に育てよう!中〜大型熱帯魚用フードカタログ

2016年11月26日

メダカの飼い方 屋外 冬

メダカの飼い方で、冬に屋外で飼う場合は、注意が必要です。
水温が10℃以下になると、メダカは動かなくなり、冬眠に入ります。
自然の中では、川や池の底の方でじっとしています。


飼っているメダカの場合、鉢や池の水が凍らないようにしましょう。
鉢や池では深さが無いので、表面が凍るということは、
水の大部分が0℃近くまで下がっているということになります。
さすがに、こんな低温ではメダカの生存率も下がります。


外に出しておいて、水が凍ることが予想される場合は、
部屋の中に移すか、ビニールハウスに入れるなど、
最低限水が凍らないようにしましょう。


また、低温でメダカが動かなくなっている時は、
餌もほとんど食べません。
与え過ぎると水が汚れてしまいますので、注意してください。





タグ: 屋外 メダカ
posted by トシ at 23:39| メダカの飼い方 水槽