大きく健康的に育てよう!中〜大型熱帯魚用フードカタログ

2013年06月14日

メダカの飼い方 気をつけること

メダカの飼い方で気をつけることは、水温に応じてメダカの活動が変わる
という点です。

水温が5℃以下になると、メダカは冬眠を始めます。 水温が変化少ない
場所に水槽を置いて、そっとしておきましょう。 

水温が5℃以上になると活動を始めます。 水温が18℃を超えるまでは、
活動も活発ではありません。 エサもそれほど多く食べないので、量を
少な目にしてください。 やり過ぎて余るとエサが腐って水質が悪くなり
ます。 また、水温15-18℃付近では白点病にかかりやすいので、メダカ
の身体に白い点が増えないか気をつけてください。

水温が18℃を超えると、メダカは活発に活動し、繁殖もします。 水温が
25℃以上になると、メダカにとってちょっと暑すぎますので、真夏は直射
日光を当てないようにしましょう。 また、水温が高い時は、水質が悪く
なりやすいので、水が汚れ始めたら早めに水替えをしましょう。 




(2013/06/14)
posted by トシ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メダカの飼い方